01 センター紹介

サイバニクス

先進諸国が直面する人や社会の複合課題を解決するための新たな学術領域、「サイバニクス」。「サイバニクス」とは、人、ロボット、情報系を中心として、脳・神経科学、行動科学、ロボット工学、情報技術(IT)、人工知能、システム統合技術、生理学、心理学、哲学、倫理、法学、経営などの異分野を融合複合した新領域です。

筑波大学に拠点を置き、人とテクノロジーと社会が密接につながった国際サイバニクス研究開発拠点として、医工融合、産官学民の新連携体制、地域・国際連携によって、国内連携機関(研究開発成果を社会実装し、好循環イノベーションを推進する未来開拓型企業CYBERDYNE株式会社、他)、欧州連携機関、米国連携機関などとの国際協働を実現しています。
「人とテクノロジーの共生する社会」=「テクノピアサポート社会」の実現、我が国が提唱する未来社会 “Society 5.0/5.1” への社会変革、「好循環のイノベーション」の実現に向けて力強く挑戦しています。

概要

研究統括

Yoshiyuki Sankai

研究統括

山海 嘉之

筑波大学 システム情報系 教授、
サイバニクス研究センター 研究統括、
CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長/CEO、
内閣府ImPACT:革新的研究開発推進プログラム
プログラム・マネージャー
日本ロボット学会フェロー、計測自動制御学会フェロー

  • プロフィール

    • 1987年筑波大学大学院修了。工学博士。 筑波大学機能工学系助手、講師、助教授、 米国Baylor医科大学客員教授、筑波大学機能工学系教授を 経て、筑波大学システム情報系教授、 サイバニクス研究センター研究統括(〜2017年センター長)。 文部科学省G-COEサイバニクス国際教育拠点リーダー、 内閣府 FIRST:最先端サイバニクス研究プログラム研究統括を経て、内閣府ImPACT:革新的研究開発推進プログラム プログラムマネージャー。 CYBERNICS(株)代表取締役社長/CEO。現在に至る。 日本ロボット学会フェロー、計測自動制御学会フェロー、 世界経済フォーラム(ダボス会議)第四次産業革命 センター(サンフランシスコ)センターパートナー。 国際標準化機構(ISO)や国際電気標準会議(IEC)などのPersonal Care Robot及びMedical Robot委員会のエキスパートメンバーとして国際規格の策定にも従事。 新領域【サイバニクス:人・ロボット・情報系の融合複合】を創成。 2004年6月には、研究成果で社会貢献すべく医療・福祉・生活・労働・生産等の分野における革新的ロボットやサービス等の研究開発・製造・販売を行う未来開拓型企業 「CYBERDYNE(サイバーダイン)」を設立。2014年日本で初めて種類株式での上場を達成。 サイバニクスを駆使することにより、未来開拓型人材育成の国際教育研究基盤整備を実現し、先進諸国が直面する超高齢社会の課題解決のための革新技術創生・新産業創出・人材育成を同時展開し、イノベーションによる未来開拓を推進している。
      2005年The 2005 World Technology Award大賞、
      2006年グッドデザイン賞金賞、
      2007年経済産業大臣賞 2009年平成21年度全国発明表彰”サイボーグ型ロボット技術の発明” 21世紀発明賞、
      2014年Edison Awards 金賞、DealWatch Awards 2013,IPO of the Year(トムソン・ロイター)、
      2015年DealWatch Awards 2014,Innovative Equity Deal of the Year(トムソン・ロイター)、
      2016年ロボット大賞 厚生労働大臣賞、
      2017年日本ベンチャー大賞 内閣総理大臣賞など、
      他多数受賞。

センター長

Kenji Suzuki

センター長

鈴木 健嗣

筑波大学 システム情報系 教授、
サイバニクス研究センター センター長、
科学技術振興機構(JST)CREST研究代表者

  • プロフィール

    • 1997年早稲田大学・理工学部・物理学科卒。
      日本学術振興会特別研究員(DC1)、 早稲田大学理工学部応用物理学科助手、筑波大学講師、 准教授を経て、2016年筑波大学教授、 2017年サイバニクス研究センター長。現在に至る。
      2011-2015年科学技術振興機構(JST)さきがけ研究者。
      2014年より科学技術振興機構(JST)CREST研究研究者。
      1997-1998年、共同研究のため、
      音楽情報研究室(Laboratorio di Informatica Musicale, イタリア・ジェノヴァ大学工学部システム・情報・通信学科、 アントニオ・カムリ教授)において、感性を考慮したロボット の研究プロジェクトに参加。
      2000年より早稲田大学ヒューマノイド研究所研究員。
      2009年、知覚・運動生理学研究室(Laboratoire de Physiologie de la Perception et de l’Action, College de France / CNRS, フランス・パリ)客員研究員。
      歩行の運動生理学に基づく歩行支援技術の応用に関する研究に従事。
      人工知能、拡張生体技術、サイバニクス、
      医療・福祉・介護支援ロボット、人支援ロボティクス、 社会的インタラクション/発達支援研究、機械学習理論、 及び人間-機械系の適応的インタラクションに興味を持つ。
      2003年、人間-機械系におけるマルチモーダルコミュニケーション に関する研究にて早稲田大学より博士(工学)の学位取得。
      2006年より人工知能研究室にて研究活動を行う。
      2011年よりサイバニクス研究センター勤務(兼任)。
      2013年より筑波大学附属病院未来医工学融合研究センター副部長。
      筑波大学次世代ロボティクス・サイバニクス学域メンバー、 エンパワーメント情報学プログラム企画室員・運営委員(文部科学省 博士課程リーディングプログラム)担当。IEEE、ACM、 日本ロボット学会、情報処理学会、人工知能学会等各会員。

グローバルチャレンジ/
グローバリゼーション

TOP